不動産売却時に気をつけたい「悪い不動産業者」とは?

不動産売却をするとき、必ず注意をしておかなければならないことが1つあります。 それが、不動産業者の比較を行っているとき、悪徳業者をピックアップしないということです。

「ピックアップしない」と言っても、そう簡単に見破ることができません。

とはいえ、細心の注意を払って選択をしないといけないわけですから、何とか「知る方法があればありがたい」と思うのが人情というものかと。 実はあるのです…その簡単に見破る方法が。

ということで、ここでは、この悪徳不動産業者に引っかからない、選択をしないためにも、その判別方法を記載していきたいと思います。 非常に簡単で、非常に効果的な方法となるため、ぜひとも一読をしてもらって自己防衛をして欲しいと思います。

■1つは売買実績をきっちりと確認すること

まず確認したいのは、その不動産業者の売買実績です。 公式サイトなどにも掲載されていますが、これはあくまでも参考程度にしておきましょう。 いくらでも誤魔化しようがありますからね。

大切なのは、実際に不動産業者の担当者に実績を根掘り葉掘り聴くことです。

このとき矛盾が生じないか?を確認しつつ、他業者と比較をしていくと悪徳業者なのか?が見えてきます。

■効果的な方法は免許を提示してもらうこと

もう1つの効果的な方法は宅地建物取引業の免許を提示してもらうということ。

不動産売買には、この免許が必要となるため、悪徳業者を見抜くための一番手っ取り早い方法と言えるでしょう。